どこにでもいるりゅう(RyU先生)

男性保育士RyU先生の本音がポロポロ?保育以外のことをのんびり気ままに書いていきます。各種コンテンツへのリンクもありますので、是非!

タグ:夢

 はい、みなさんこんにちは!今ふと思ったけどだいたい僕が記事更新するのって夜だから、皆さんの方でなるべくこんにちはな時間に読んで欲しいRyU先生こと、どこにでもいるりゅうです。

  「はいはい、ぎゃお、ぎゃおーっつ」
どこにでもいるりゅう
いらすとや

 
皆様から好評いただいている、現在第二話まで公開されている夢日記なのですが・・・大変もうしわけなく思ってはいるのですが・・・

 全然、夢見ない( ´_ゝ`)

 まー、観ないね。見ないね。みないね( ´_ゝ`)ミナイネ

 これだけ毎日の様に睡眠をとっておきながら、いやー見ないね( ´_ゝ`)もう、なんだろうね?あれかな?夢尽きたかこれ?ええ?(※お酒は入っておりません

 って、感じで今日の日記終わるのですがどうでしょう・・・・?














 では、また遊ぼうね('ω')ノw













.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。抑うつ記録o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○











抑うつ感 :8
調子のよさ:2
食欲   :1
疲労感  :9

 やっぱり、色々と活動をすると次の日に来ますね。そこを事前に察知しなきゃいけない訳か。むーずかしー







あひるらいん
 この記事が面白かったらSNSでの拡散をお願いします。
 また、遊びに来てくださいね(*´Д`)


ブログランキングにも登録しています!よければクリックをお願いします☆

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






色々な媒体で子育てや保育に関する情報を発信しています。
是非遊びに来てくださいね!





★チャンネル登録お願いします★

https://www.youtube.com/channel/UC893WsnBl9rsoZZxsj3n5lQ



☆子育て支援ブログ☆

http://yourally.livedoor.blog/



☆雑談や日記ブログ☆

http://ryu2020diary0122.blog.jp/



☆Twitter☆

https://twitter.com/RyU74328355





このエントリーをはてなブックマークに追加

  こんな緊張は久しぶりだ。それもそのはず、今日は大切な試合に臨むのだから。チームメイト4人は皆車いすに乗っている、齢は60~70代と言ったところだろうか。それぞれが何か決意をしたかのような瞳をし、そしてどこかふてぶてしさが伺えるようにも見えた。

 相手チームは屈強な男達を携えている。会場は満員。体育館のバスケットコートを囲い、応援団が来ているのだろう。異様な盛り上がりだ。健常者と車いすバスケの変則試合なのだろうか?大会規定がはっきりとしないまま、何故かオレは車いすに乗る4人のおばちゃん達のチームに入っていた。

 審判がボールを上げる。ティップアップはオレの役目だったようで、オレはあらん限りの力を振り絞り飛び上がり、手を伸ばす。相手の男は身長で圧倒的に勝っている余裕からか、最適なタイミングでジャンプをしていない。いや、これは侮られていたのだ。男はそのまま腕を組んだまま立ち続け、ボールはこちらが手にした。

 弾いたボールはしっかりと仲間のおばちゃんの元へと渡っていった。車いすを器用に片手で漕ぎながら、本来の車いすバスケでは必要のないはずのドリブルをしながら、仁王立ちしている男たちの間を走り抜けていく。どうやら相手はかなりこちらのチームを侮っている様だ。何点取られても取り返せると踏んでいるのだろう、気に喰わない笑みを浮かべながら、健気に車いすを漕ぐおばちゃんを見送っていく。

 そして、ボールを持ったおばちゃんはゴール下まで悠々と辿り着く。ディフェンスもおばちゃんの前に立ちはだかるだけ。とは言え、180cmは超えていよう巨体が、車いすに乗ったおばちゃんの目の前に頓挫しているのであるから、ゴールを塞ぐには十分すぎる。「これでは試合にならない」 そう、オレが思った瞬間だった。そこに居た誰もがオレと同じく目を疑っただろう。そこには信じられない光景があったのだ。

 ゴールネットを揺らし、軽快な音を立てて通過するバスケットボール。そう、あの状況を物ともせず、おばちゃんはゴールを決めたのだ。車いすを乗り捨て、見事なまでのフェイダウェイ(後方に飛びのけぞりながら打つシュートのこと)でゴールを奪ったのだ。

 相手の男たちの顔に焦りが少し見えた。おばちゃんの車いす偽装は効果的に機能していたのだ。ボールが投げ入れられ相手の攻撃が始まるかと思った瞬間、また別のおばちゃんが車いすから立ち上がり、パスカット、そのまま自らの手で2こめのゴール奪う。もはや、愕然とする会場。だが、何故か試合はそのまま進行していく。

 相手がゴールを返した。相手マークは車いすを棄てたおばちゃん二人に対してついている。残りのおばちゃんはフリーにされていた。オレはセンターライン近くにいたおばちゃんにボールを投げ入れる。するとどうだ、また再三になるがおばちゃんはボールを受け取るやいなや車いすから立ち上がり、数回ドリブル。そして3ポイントラインから美しい弧を描くシュートを流れるような動作の中で放った。

 放たれたボールは高くゆっくりと弧を描き、吸い込まれるようにしてゴールネットを揺らしたのだった。そして、オレはもう一人の車いすからまだ降りていないおばちゃんを見た。その顔は不敵に微笑んでいた・・・・・・



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚.。o○o。.★.。o○o。.☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

 なんだこれ!Σ(´д`;)

 いや、え?
オレの夢の中の世界観というか倫理観というか、その辺どうなってんだ!?

 パラリンピックを見据えての車いすバスケの夢かと思ったら、とんだ肩透かしだよ!?ほんで、あのおばちゃん達誰やってん。見たことない顔だったから、特に描写もできんかったわい・・・・・・

 はい。ということで久々に見た夢の内容いでした。うん。なんか、おもろいし適度にたまにしか夢見ないからこれ続けようw

 では、またあそぼーねー('ω')ノ



あひるらいん
 この記事が面白かったらSNSでの拡散をお願いします。
 また、遊びに来てくださいね(*´Д`)


ブログランキングにも登録しています!よければクリックをお願いします☆

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






色々な媒体で子育てや保育に関する情報を発信しています。
是非遊びに来てくださいね!





★チャンネル登録お願いします★

https://www.youtube.com/channel/UC893WsnBl9rsoZZxsj3n5lQ



☆子育て支援ブログ☆

http://yourally.livedoor.blog/



☆雑談や日記ブログ☆

http://ryu2020diary0122.blog.jp/



☆Twitter☆

https://twitter.com/RyU74328355



このエントリーをはてなブックマークに追加

neoki_man




 僕はただ思い切り河原を走り駆け抜けていた。ジョギングではなかったし、どこか側に目的地でもあるかのように、後のことなど微塵も考えていないかのような速力で。ただ駆け抜けていた。

 その河原には沢山の人が居た。僕の目には映りはしなかったが、もしかしたら河辺で何か催し物をしていたのかもしれない。それは、この物語が終わっても分からないままだ。そこには子ども達や、この町に住むのであろう不良たちもこぞって柔らかな草の根に腰を下ろしていた。

 それなのにだ、僕はただ全力でその草葉を踏み抜き駆け抜けている。どこを目指しているのか、何を思っているのか自分でも分かっては居なかったのではないだろうか。それでも、ただ駆け抜けていた。風をかき分け、時に体勢が大きく傾き、右手をそのふわりとした地面に突き立てて無理矢理に進路を立て直した。時には子ども達のすぐ側を。

 すると、何を感じたか集まっていた不良たちの中の三人が追いかけてきている。僕に向けて思いつく限りの、それでもボキャブラリーの貧しさを感じる語彙ではあったが、その言葉は確かに僕に向けられた悪意であった。そんなことは意に返さず僕は駆け抜けている。河原を抜けるとそこはまだ青さの残る麦畑が生い茂り広がっていた。幾つかあるあぜ道の一番手近な道を選んで僕は直角に進行方向を変えてそれでもまだ、ただ全力で駆け抜けている。

  僕を追いかけていた不良の一人が罵声の中で「おい、そこのやつ止まれ!」 と命じてきた。僕はじっと進行方向を見つめながら減速し、しぶしぶと立ち止まり振り返る。すると、想像の域を出ないような罵声の嵐が飛んできた。あまりにも稚拙な罵倒であったので、僕は極々当然な、一般的に考えても真っ当な言葉を返し続け不良たちを論破した。


 そして僕は、貴重な時間を使ってしまったうっ憤を晴らすかのようにため息を一つついて、また走り始めた。今度は景色の流れが穏やかだ。疲れていたという理由では無いのだろう、過ぎ去る景色を楽しみ愛でるようにただ走っている。

 しばらくそうして走り続けると、とてつもなく大きな物がそびえ立っているではないか。そこが目的地であったのかは定かではないが、僕はそこで立ち尽くし全貌を見ることすら叶わないその何か大きな建造物を見上げている。すると、そんな僕の横を子ども達がすっと抜けていった。躊躇なくそれに入っていく子ども達を見て、僕もそれに挑むことにした。建造物はとてつもない程に高くまで伸びた階段で、あれほどまでに颯爽と駆け抜けていた自分はどこへいったのやら、肩を切らしながら登っていく。子ども達は見事なほどにさっさっと駆け上って行ってしまう。負けじと足を交互に、一つずつ上の段へと運んでいくが、子ども達の背中は次第になお小さくなっていった。


 その階段は何故か濡れていて、不思議なことに滑ることはなかったが僕はこの水の正体について疑問に思いながら登り続ける。そして、その水の正体はあっけない程に簡単に判明するのだが、その時とは僕がお階段を登り切った時である。少しだけ先の話だ。

 そびえ立つ階段だけの建物には数人の清掃員の様な人物がおり、みな一様に濡れた階段の水分を何か専門的な器具で吸い取っている。しかし、僕の目を引いたのは見たことのない器具でもなければ、この場所に似つかわしくもない清掃員の様な人物でもなかった。僕の目を引いたのは彼らが着用していた潜水服だったのだ。ここは現に階段であるし、海の中でもないのに潜水服を身に着けているということには疑問を抱かない訳にはいかないだろう。そんなことに頭を巡らせながらも、僕はただ駆け上っていく。

 そして、ようやくその場所に、目指していた目的地と思われる場所に辿り着く。

 階段ばかりの続く謎の建造物。それを登り切った先にあったのは少し広い程度のプールであった。僕はクロールで30m程の距離をゆっくりと泳ぎ、プールサイドへと上がる。不可思議なことに着衣は濡れておらず、水滴の一つもついてはいなかった。果たしてそこに貯められた物は水であったのか、はたまた別の何か水の様な物としか言い表しようのない物質であったのかは知る由もない。

 僕は驚愕する。プールサイドの端にはまだ階段が続いていたのだ。それは見上げても、その全貌が見えない程に高くそびえ立っていた。僕はまた無意識に口角を上げて、階段を上っていくのであった・・・・・・

 終



****************************************

 なんだこれ(((( ;゚д゚)))

 あまり夢を覚えていないから備忘録的なものとして小説風に書いてみたけど・・・・・・


 なんだこれ!?



 夢日記的にやったら面白いかなと思ったけど、予想以上に時間がかかったからまたやるかは不明。でも、たまにしか夢見ないしこんなのもいいか・・・・いいか?

 はい、ではまたあそぼーねー('ω')ノ笑


p.s.タグがカオスwww


あひるらいん
 この記事が面白かったらSNSでの拡散をお願いします。
 また、遊びに来てくださいね(*´Д`)


ブログランキングにも登録しています!よければクリックをお願いします☆

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


 





色々な媒体で子育てや保育に関する情報を発信しています。
是非遊びに来てくださいね!



★チャンネル登録お願いします★
https://www.youtube.com/channel/UC893WsnBl9rsoZZxsj3n5lQ

☆子育て支援ブログ☆
http://yourally.livedoor.blog/

☆雑談や日記ブログ☆
http://ryu2020diary0122.blog.jp/

☆Twitter☆
https://twitter.com/RyU74328355


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ