どこにでもいるりゅう(RyU先生)

男性保育士RyU先生の本音がポロポロ?保育以外のことをのんびり気ままに書いていきます。各種コンテンツへのリンクもありますので、是非!

 はい、みなさんこんにちは!ライブドアブログのランキング?管理画面でブログ名の横に「☆」が付く基準がいまいち理解できていないRyU先生こと、どこにでもいるりゅうです。
どこにでもいるりゅう
いらすとや

 
そういえば、公に記事で書くのって初めてだった気がするのですがRyU先生「うつ病」で療養をしております。しばらく日常生活困難な時期を超えて、今は就労こそ難しいですがこうして記事を書いたりできています。

 はい、タイトルに書いたのですが前回の診察で医師が初めて「回復期」と言う言葉を遣いました。今まで使われたことなかったんですよ。今回のも僕の状態を見ての言葉なのか、僕が少し先の未来への不安感が強いといった症状に対しての見解なのかは定かではないのですが、すこし驚きました。

 うつ病は「こころの風邪」とか言われますが、こんなに続く、しんどい風邪があったら多分ですけど、もはやそれは風邪以外の何か重篤な疾患ですw

 特にカミングアウトでも何でもないんですよね。TwitterやFacebookにも決まった時間にいるわけではないですし、予約投稿をしているとは言え記事とかは調子の良い平日に書いていることが多いので、勘の良い方は薄々気づいていたものだと思っています。

 てことで、何が言いたかったのかと言うと・・・医者が「回復期」って言葉使ったの初めてだったなぁっていう日記です。。。。( ´_ゝ`)



 はい、ではまたあそぼーねー('ω')ノ




あひるらいん
 この記事が面白かったらSNSでの拡散をお願いします。
 また、遊びに来てくださいね(*´Д`)


ブログランキングにも登録しています!よければクリックをお願いします☆

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






色々な媒体で子育てや保育に関する情報を発信しています。
是非遊びに来てくださいね!





★チャンネル登録お願いします★

https://www.youtube.com/channel/UC893WsnBl9rsoZZxsj3n5lQ



☆子育て支援ブログ☆

http://yourally.livedoor.blog/



☆雑談や日記ブログ☆

http://ryu2020diary0122.blog.jp/



☆Twitter☆

https://twitter.com/RyU74328355



はい、みなさんこんにちは!「こしあん」か「つぶあん」どっち派?と聞かれたら迷わず「あんんこに良いも悪いもない!どちらも大好きです!!」と即答するRyU先生こと、どこにでもいるりゅうです。
どこにでもいるりゅう
いらすとや

 3月15日に予定されていた親友の結婚式が、コロナウイルス感染拡大防止の観点から、延期が決定しました。これ自体はね、本当に以前少し書いたように、二人の決定ならば決行も延期もそのまま受け止めるつもりだったので良いのです。二人の為ならば予定なんていくらでも空けるさ。

 この事態に関して一番心に残ったのは、新郎である友人から相談の電話があった時の、悲しそうな悔しそうな、いままで聞いたことがないような暗い声でした。延期にすることで参加してくれる人たちに迷惑をかけてしまうのが申し訳なくて・・・そう言った彼の声は自責の念で溢れていました。

 感染症は誰のせいでもありません。病気はあるものだし、別にコロナウイルスに限らず人類の想定を超えてパンデミックを起こした例は多くあります。その度に、苦難しながらも乗り越えてきたわけです。だから、今回のことだって様々な事由が重なって世間は混乱してしまっていますが、必ず終息する日が来る。そして、感染拡大は誰のせいでもない。そのことによって行事や研修、今や教育施設も含めて機能しなくなったことも誰かが悪いわけではないのです。


 本来であれば後2週間もすれば皆から祝福されて、満面の笑顔の二人を見ることができていたのでしょう。それまでの日々も、きっと二人にとっては事前準備や新たな生活に思いをはせることで楽しみなこと、不安に思うことも沢山ありながらもワクワクしながら過ごせていたはずでした。

 それが、たまたまコロナウイルスの感染拡大によって延期という道を選ばざるを得なくなった。僕は二人には直接言いましたが改めて、二人のように挙式を延期・中止した沢山の祝福されるべき方々に言いたい

「たくさん悩んだ決断お疲れ様でした。あなた達を思う皆に配慮してくれてありがとう。来たる結婚式を楽しみにしています!!」

 ちなみにキャンセル料のカンパについても少し言及していましたが、二人の式場は延期に関しては今回の措置として無料で受け、更に女性の着付けやヘアーサロン、旅費などのキャンセル料が発生している場合にはそれについても相談ができるような体制を取っているとのことでした。

 Twitterでは「延期をしたい」と苦渋の決断を式場のスタッフに申し出た新郎新婦に対して「キャンセル料無料などはしていませんよ?」と返したなどというエピソードが流れていて悲しくなりました。

 勿論、式場からすれば利益からんでいますから正常な思考です。ですが、それをクライアントである二人に言うというのは不謹慎にも程がある!そんなことを聞きたいんじゃない!無料になるかの相談がしたかったわけではきっとない!ただ、同じ空間を作り出していくスタッフの方には延期という決断をした心に寄り添って欲しかった。ただそれだけだったのだと思うんです。。。

 今一度言います。挙式を延期にした方、中止にせざるを得なかった方、万全の対策をして決行を決めた方。あなた達二人は祝福されるべき人達です。今回の事態で悩んだり、決定したことも後悔が残るのかもしれません。でも、二人の幸せを、明るい未来を、温かな家庭を築いていくことを願っております。

 卒業式がなくなってしまった学生さん、規模縮小された学校や保育施設様々あるかと思います。ここでも同じことを言います。君たちの過ごしたかけげのない何年もの月日は宝物です。卒業、卒園本当におめでとう!

 今は納得できず、悔しくて涙を流している子も少なくはないのでしょう。でもきっとね、いつか「あの時は散々だったよな」 なんて笑える日が来ます。そんな日の為に今は感染をしないように気を付けて。これであなたを取り巻く大人が環境が予防をしてくれているのに軽率な行動で感染してしまったら家族や友達が悲しむし、笑って話せる未来までも失ってしまいかねないからね。そして、できるならストレスをため込む前に、家族や友達との関りの中で発散して過ごして欲しいと思います。

 では、また!



あひるらいん
 この記事が面白かったらSNSでの拡散をお願いします。
 また、遊びに来てくださいね(*´Д`)


ブログランキングにも登録しています!よければクリックをお願いします☆

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






色々な媒体で子育てや保育に関する情報を発信しています。
是非遊びに来てくださいね!





★チャンネル登録お願いします★

https://www.youtube.com/channel/UC893WsnBl9rsoZZxsj3n5lQ



☆子育て支援ブログ☆

http://yourally.livedoor.blog/



☆雑談や日記ブログ☆

http://ryu2020diary0122.blog.jp/



☆Twitter☆

https://twitter.com/RyU74328355



  こんな緊張は久しぶりだ。それもそのはず、今日は大切な試合に臨むのだから。チームメイト4人は皆車いすに乗っている、齢は60~70代と言ったところだろうか。それぞれが何か決意をしたかのような瞳をし、そしてどこかふてぶてしさが伺えるようにも見えた。

 相手チームは屈強な男達を携えている。会場は満員。体育館のバスケットコートを囲い、応援団が来ているのだろう。異様な盛り上がりだ。健常者と車いすバスケの変則試合なのだろうか?大会規定がはっきりとしないまま、何故かオレは車いすに乗る4人のおばちゃん達のチームに入っていた。

 審判がボールを上げる。ティップアップはオレの役目だったようで、オレはあらん限りの力を振り絞り飛び上がり、手を伸ばす。相手の男は身長で圧倒的に勝っている余裕からか、最適なタイミングでジャンプをしていない。いや、これは侮られていたのだ。男はそのまま腕を組んだまま立ち続け、ボールはこちらが手にした。

 弾いたボールはしっかりと仲間のおばちゃんの元へと渡っていった。車いすを器用に片手で漕ぎながら、本来の車いすバスケでは必要のないはずのドリブルをしながら、仁王立ちしている男たちの間を走り抜けていく。どうやら相手はかなりこちらのチームを侮っている様だ。何点取られても取り返せると踏んでいるのだろう、気に喰わない笑みを浮かべながら、健気に車いすを漕ぐおばちゃんを見送っていく。

 そして、ボールを持ったおばちゃんはゴール下まで悠々と辿り着く。ディフェンスもおばちゃんの前に立ちはだかるだけ。とは言え、180cmは超えていよう巨体が、車いすに乗ったおばちゃんの目の前に頓挫しているのであるから、ゴールを塞ぐには十分すぎる。「これでは試合にならない」 そう、オレが思った瞬間だった。そこに居た誰もがオレと同じく目を疑っただろう。そこには信じられない光景があったのだ。

 ゴールネットを揺らし、軽快な音を立てて通過するバスケットボール。そう、あの状況を物ともせず、おばちゃんはゴールを決めたのだ。車いすを乗り捨て、見事なまでのフェイダウェイ(後方に飛びのけぞりながら打つシュートのこと)でゴールを奪ったのだ。

 相手の男たちの顔に焦りが少し見えた。おばちゃんの車いす偽装は効果的に機能していたのだ。ボールが投げ入れられ相手の攻撃が始まるかと思った瞬間、また別のおばちゃんが車いすから立ち上がり、パスカット、そのまま自らの手で2こめのゴール奪う。もはや、愕然とする会場。だが、何故か試合はそのまま進行していく。

 相手がゴールを返した。相手マークは車いすを棄てたおばちゃん二人に対してついている。残りのおばちゃんはフリーにされていた。オレはセンターライン近くにいたおばちゃんにボールを投げ入れる。するとどうだ、また再三になるがおばちゃんはボールを受け取るやいなや車いすから立ち上がり、数回ドリブル。そして3ポイントラインから美しい弧を描くシュートを流れるような動作の中で放った。

 放たれたボールは高くゆっくりと弧を描き、吸い込まれるようにしてゴールネットを揺らしたのだった。そして、オレはもう一人の車いすからまだ降りていないおばちゃんを見た。その顔は不敵に微笑んでいた・・・・・・



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚.。o○o。.★.。o○o。.☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚

 なんだこれ!Σ(´д`;)

 いや、え?
オレの夢の中の世界観というか倫理観というか、その辺どうなってんだ!?

 パラリンピックを見据えての車いすバスケの夢かと思ったら、とんだ肩透かしだよ!?ほんで、あのおばちゃん達誰やってん。見たことない顔だったから、特に描写もできんかったわい・・・・・・

 はい。ということで久々に見た夢の内容いでした。うん。なんか、おもろいし適度にたまにしか夢見ないからこれ続けようw

 では、またあそぼーねー('ω')ノ



あひるらいん
 この記事が面白かったらSNSでの拡散をお願いします。
 また、遊びに来てくださいね(*´Д`)


ブログランキングにも登録しています!よければクリックをお願いします☆

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村にほんブログ村 ニュースブログ ニュース感想へにほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村






色々な媒体で子育てや保育に関する情報を発信しています。
是非遊びに来てくださいね!





★チャンネル登録お願いします★

https://www.youtube.com/channel/UC893WsnBl9rsoZZxsj3n5lQ



☆子育て支援ブログ☆

http://yourally.livedoor.blog/



☆雑談や日記ブログ☆

http://ryu2020diary0122.blog.jp/



☆Twitter☆

https://twitter.com/RyU74328355



↑このページのトップヘ